[睡眠]ブルーライトは睡眠に悪影響を与えるのか

睡眠

どうもー、ちょげです。

よく寝る前にスマホやPCを見ると、ブルーライトの影響で睡眠の質が悪くなるという話があります。

実際影響があるのでしょうか。

スポンサーリンク

特殊な使い方をしなければ影響はない

結論から言ってしまうと、特殊な使い方をしなければブルーライトは睡眠に悪影響を与えないようです。

特殊な使い方とは、ブルーライトを出す画面に顔をかなり近づける(数センチレベル)ような使い方です。

強い光が睡眠に悪影響を与えるのは確かですが、先述した特殊な使い方をしない限りはブルーライトは影響しないようです。

スポンサーリンク

寝る前のスマホ・PCは悪影響がある

熊, コンピュータ, 夜, ライラック, 暗いです, ルーム, 選品の発送は順次行, 不眠症, 不眠

ブルーライトは影響がないとは言っても、スマホやPCを触ることで睡眠に悪影響が出ます。

原因はスマホやPCが発する光ではなく、スマホの画面を指で操作すること、マウスとキーボードを操作すること、SNSやゲームなどで脳が刺激を感じることのようです。

日本人は睡眠を軽視しがちですが、睡眠不足によって失われる時間は計り知れないです。

毎日しっかり量と質を確保することは大事です。

ですので、ブルーライトは関係ないですが、寝る前のスマホ。PCは控えたほうがいいようです。

また、SNSやLINEの通知は強い刺激になりますので、夜になったら通知が鳴らないようにする工夫もするべきだと思います(もちろんゲームの通知も)。

スポンサーリンク

まとめ

ブルーライトの睡眠への影響について解説しました。

科学的には、ブルーライトは睡眠に影響ないようです。

しかし、スマホやPCの操作・通知などが脳に刺激を与えることによって、睡眠の質は悪くなります。

なので、睡眠の質のためにもスマホとPCの通知を切って、出来るだけ触らないようにすることをお勧めします。

読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

参考

Amazon.co.jp: 心を壊さない生き方 超ストレス社会を生き抜くメンタルの教科書 eBook : Testosterone, 岡琢哉: 本
Amazon.co.jp: 心を壊さない生き方 超ストレス社会を生き抜くメンタルの教科書 eBook : Testosterone, 岡琢哉: 本
スタンフォード式 最高の睡眠 | 西野 精治 | 医学・薬学 | Kindleストア | Amazon
Amazonで西野 精治のスタンフォード式 最高の睡眠。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました