風呂は寝る〇〇分前がベスト

ライフハック

どうも、ちょげ(@chogetarou)です。

夜に入浴して体を休めるという人は多いのではないでしょうか。

風呂に入ることで体をリラックスさせる事ができます。

実は、入浴だけでも体の疲れを疲れを十分取ることができるのですが、入浴の時間を工夫することで睡眠の質も上げることが出来ます。

スポンサーリンク

〇〇分前の入浴

バスタブ, 浴槽, バスルーム, お風呂, ホワイト, 近代的な, 衛生, タオル, 蛇口, 水, サニタリー

私たちは寝るときに体温を下げることで活動停止状態になり、良質な睡眠を取ることが出来ます。

もちろん体温は寝るときに自然に下がるようになっています。

ですが、風呂の時間を工夫することで体温の低下を意図的に引き起こせるのです。

人には、体の状態を一定に保とうとする「ホメオスタシス」という特性があります。

入浴によって体温が上がると、ホメオスタシスによって、元の体温から上がった分だけさらに下がるのです。

40℃のお湯に15分浸かると体温が0.5〜1.2℃ほど上がります。

すると、体温はすぐに下がるわけでないのですが、やく90分後に大きく急降下します。

スポンサーリンク

まとめ

お風呂で体温を上げれることで、睡眠時の体温低下を意図的に起こすことができるので、入浴の時間を工夫すれば睡眠の質を上げることが出来ます。

ただし、入浴後すぐに上がるわけではないので、寝る90分前がベストになります。

皆さんも寝る90分前に入浴をすませるようにしましょう。

スポンサーリンク

参考

コメント

タイトルとURLをコピーしました