睡眠の質を上げる「足湯」

ライフハック

どうも、ちょげ(@chogetarou)です。

入浴することによって、睡眠の質を上げることができます。

実は、入浴だけでなく「足湯」でも睡眠の質を上げることは可能です。

スポンサーリンク

足湯で睡眠が良くなるワケ

猫, 動物, 睡眠, ペット, かわいい, Nap, クレイジー, 怠惰です, ホワイト, 甘い, ラウンジ

足湯で睡眠の質が向上するのは、足の血行が良くなることで、熱放散(体の熱を外に逃す)が促進され、体温をスムーズに下げることができるからです。

私たちは寝るときに体温が下がることによって活動停止状態になり、よく眠ることができます。

そして、人間が体温を下げる時に行うのが、体から熱を出す「熱放散」です。

熱放散は、血管が集中しているところほど盛んに行われるようになっています。

足は体の中でも血管がとても集中している部分なので熱放散の中心になっている部位です。

その中心となる足を温め、熱放散を活発にするのが「足湯」です。

また、足湯は体を温めるわけではないので、入浴のように体温を上げることがありません。

足湯は、体温を上げることなく、熱放散で体温を低下させることができる。

つまり、睡眠時の体温低下をスムーズに行うことができます。

スポンサーリンク

まとめ

睡眠時には体温を下げることが重要です。

足湯は、足の血行を良くすることで、スムーズに体温を低下させることができるので、睡眠の質を手軽に向上させることができます。

もし、入浴する時間がないという人は試してみてください。

オススメの記事 >>> 風呂は寝る〇〇分前がベス

オススメの記事 >>> くつ下で寝ると〇〇が悪くなる

スポンサーリンク

参考

西野精治,「スタンフォード式 最高の睡眠」,2017

コメント

タイトルとURLをコピーしました