[SwiftUI]ドル記号($)の役割と使い方

SwiftUI
スポンサーリンク

2021/5/3

「SwiftUIのドル記号って何?」

「ドル記号ってどうやって使うの?」

っていう人に向けて、この記事は書かれています。

どうも、ちょげ(@chogetarou)です。

SwiftUIでは、結構頻繁にドル記号($)を使います。

なので、この記事では、ドル記号($)の役割と使い方を説明します。

スポンサーリンク

役割

コード, コーディング, コンピュータ, データ, 開発, イーサネット, Html, プログラマ

SwiftUIのドル記号は、状態変数(@Stateが付いている変数)の参照を渡す役割があります。

参照というのは、簡単にいうと、ある変数から他の変数そのものを代入するようなものです。

普通の変数の代入では、値が変数に格納されますよね。

これが、参照では、変数の値ではなく、変数そのものを代入します。

なので、参照している変数が変更されたら、参照されている変数も変わります。

また、その逆もです。

SwiftUIでは、PickerやStepperなど状態変数自体を変更したいビューがあります。

単なる代入だと、状態変数自体を変えることは出来ませんよね。

なので、参照を渡して、変数自体を変えれるようにします。

ここで登場するのが、ドル記号($)です。

ドル記号をつける事によって、@Stateが付いた変数の参照を参照を渡すことが出来るようになるのです。

使い方

使い方は、ドル記号($)を状態変数名の前につけるだけです。

例えば、count状態変数というのであれば、

$count

こんな感じになります。

これを、参照を渡す必要がある変数に代入することで、使用することが出来ます。

まとめ

  • ドル記号($)は、状態変数(@Stateを付与した変数)の参照を渡す役割
  • 参照したい状態変数名の前に$を付けることで使用できる

世界最大級のオンライン学習サイトUdemy

さいごに

読んで頂きありがとうございました。

本記事で分かりにくかった点、他にSwiftUIで知りたいことなどありましたら、ぜひ教えてください。

では、サラダバー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました