[SwiftUI]アプリ起動時の処理を追加する方法[Xcode]

SwiftUI
スポンサーリンク
スポンサーリンク

方法

コーディング, プログラミング, Css, ソフトウェア開発, コンピューター, 閉じる, ラップトップ

SwiftUIでアプリ起動時に処理をするには、AppDelegateクラスを使います。

このクラスは、アプリの初期化処理などを行うクラスです。

このクラスは、定義の仕方が決まっていて、次のようにします。

class AppDelegate : UIResponder, UIApplicationDelegate {
    func application(_application: UIApplication, 
    didFinishLaunchingWithOptions launchOptions: [UIApplication.LaunchOptionsKey : Any]?) -> Bool {
        
        //起動時の処理
        
        return true
    }
}

この記述はテンプレートみたいなものなので、そのまま使ってください。

そして、起動時の処理は、applicationメソッド内でします。

また、ApplicationDelegateクラスは、アプリ側で適用しなければいけません。

適用する処理には、@UIApplicationDelegateAdapterを使います。

具体的には、次のように@mainの構造体のプロパティで使用します。

@main
struct HelloApp: App {
    
    @UIApplicationDelegateAdaptor(AppDelegate.self) var appDelegate
    
    var body: some Scene {
        WindowGroup {
            ContentView()
        }
    }
}

こうすることで、先程の起動時の処理を行うAppDelegateクラスが、アプリに適用されます。


世界最大級のオンライン学習サイトUdemy

まとめ

起動時の処理には、AppDelegateクラスと@UIApplicationDelegateAdapterが必要です。

オススメの記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました