[SwiftUI]「TextField」の「onEditingChanged」とは?

スポンサーリンク
SwiftUI
スポンサーリンク

どうも、ちょげ(@chogetarou)です。

この記事では、TextFieldのonEditingChangedについて解説します。

スポンサーリンク

onEditingChanged

技術, コンピュータ, コード, Java スクリプトの設定, 開発者, プログラミング, プログラマ

onEditingChangedは、TextFieldの引数です。

その役割は、テキストフィールドが編集状態が変更される際に、特定の処理を呼び出すことです。

引数の定義は、次のようになっています。

func onEditingChanged : @escaping (Bool) -> Void

引数として、編集が開始されたのか、終了されたのかををBool値で受け取り、クロージャーで行う処理を記述します。

引数は、編集が開始されたのであればtrue、終了されたのであればfalseを受け取ります。

以下は、編集が開始された時と終了された時に処理を呼び出す例です。


            TextField("テキスト", text: $text, 
               onEditingChanged: { start in
                
                    if start {
                         print("入力開始")
                    } else {
                         print("入力終了")
                    }
             }, onCommit: {
                
            })

入力が開始されると、onEditinChangedのクロージャーが呼び出され、編集開始か終了かで処理を行なっています。

このようにonEditingChangedでは、編集開始時と終了時で処理を行うことができます。

まとめ

onEditingChangedは、編集状態が変更された時に処理を呼び出す引数。

処理は、編集の開始と終了で分岐させることができる。

合わせて読みたい記事

[SwiftUI][Xcode]文字入力欄を作る「TextField」の使い方
2021/6/10

「文字入力欄を作りたい」

「TextFieldってどうやって使えばいいの?」

「TextFieldって何?」

と言う人に向けて、この記事は書かれています。

どうも、ちょげ(@chogetarou)です。

iOSアプリでは、ユーザに文字を入力してもらいたい場面というのがありますよね。

SwiftUIでは、TextFieldという文字入力欄のビューが用意されています。

この記事では、TexFieldビューの使い方を解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました