[SwiftUI]「プロパティラッパー」とは何?

スポンサーリンク
SwiftUI
スポンサーリンク
スポンサーリンク

〇〇の機能

プロパティラッパーは、SwiftUIのシステムにアタイの状態管理を任せる機能です。

従来は、プログラマがデータの変更や追加・削除を管理していました。

こうしたデータの管理をシステム側に任せるのが、プロパティラッパーです。

どんなのがある?

SwiftUIには、8つのプロパティラッパーがあります。

  • @State
  • @Binding
  • @StateObject
  • @ObservedObject
  • @Environment
  • @EnvironmentObject
  • @AppStorage
  • @SceneStorage

それぞれで扱うデータや使い方が違います。

作れる?

プロパティラッパーは、自分で作ることも出来ます。

ここでは、作り方を紹介しませんが、独自のプロパティラッパーを自作出来るようになっています。

まとめ

プロパティラッパーは、データの状態をシステムに管理させる機能。

オススメの記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました