[PHP入門]基本文法・構文とエラーの3つの種類

PHP
スポンサーリンク

webアプリの開発などで使われるPHPについて今回は、
簡単に基本だけ知りたいという人に向けて、構文についてまとめたいと思います。

スポンサーリンク

PHPブロック

まず、簡単なPHPプログラムを見ながらPHPブロックというものについて説明します。

PHPプログラム開始←⓵

<?php
   echo "Hello, World!" ;←⓶
?>

PHPプログラム終了←⓷

このプログラムは、⓵の部分でまず、「PHPスクリプト開始」を出力します。
⓶の部分でPHPのechoという命令で「ハローワールド」という文字列(文)を出力します。
⓷の部分で「PHPスクリプト終了」と出力するプログラムです。

このプログラムで、echoは<?phpと?>で囲まれています。この<?phpを開始タグ、?>を終了タグといい、この2つで囲まれた部分をPHPブロックといいます。

元々PHPはHTMLの中に簡単に埋め込めるように作られていますのもあり、PHPブロックの中に
プログラムは記述し、実行します。

PHPブロック以外で記述されたものは、単に文字列として出力されます。

終了タグの省略
PHPでは、HTMLに埋め込まずPHPのみでプログラムを記述する際に終了タグを省略できます。
また、予期せぬエラーが起きたりするのでファイルがPHPプログラムのみの場合終了タグは省略したほうがいいです。

プログラムではどこからどこまでが命令なのかを区別するために、小さな文ごとに区切ります。

PHPでは文を区切るためにセミコロン(;)を文ごとに記述します。

コメント

プログラムでは、自分やほかの人がコードを見た際に読みやすくするためにコメントを
記述することができます。

PHPでは次の2種類のコメントの仕方があります。

1行コメント

PHPのコードを1行コメントにします。ここでの1行はPHPブロック内での1行です。
PHPの1行コメントはスラッシュ2つ(//)とハッシュ記号(#)の2つの記述方法があります。

<?php
//echo "コメントになっているので出力はされない";
#PHPブロックを抜けた部分は同じ1行でもコメントになりません?> ここは出力されます。

ブロックコメント

複数行にわたってコメントする際に使います。
ブロックコメントは、/*と*/でコメントした部分を囲むことによって
コメントにすることができます。

<?php
/*
ここはブロックコメントです
複数号にわたってコメントすることができます
*/

出力

PHPではechoやprintによって、コマンドラインやブラウザに出力することができます。

また、PHPをブラウザで出力する場合、Webサーバで先にHTTPヘッダというのを先に送らないといけないので、出力は一度バッファ(データを一時的に記憶する)されます。

var_dump()

var_dump()関数を用いると、echoの出力より変数の中身を正確に出力することができます。

識別子

プログラムには、変数、関数、クラスなど様々なものに名前を付けます。
それらを識別するために付ける名前が識別子です。

PHPでは、識別子をつけるのに次の2つのルールがあります。

  • 任意の文字、数字、アンダースコア(_)で構成される。
  • 始まりの文字では数字ではいけない

ここでの任意の文字とは、大文字小文字のアルファベット(a-z, A-Z)です。

また、予約語というPHPで言語の一部として使われている文字列(if, var, constなど)は
変数でしか使えません。(変数は先頭に$を付けて区別しているため)

エラー

プログラミングを学習する際に、多くのエラーに出会います。

PHPのエラーは大きく分けて、次の3種類があり、知っていることでエラーの対処に役立ちます。

  1. パースエラー(シンタックスエラー)PHPの文法を間違っている場合
  2. 実行時のエラー、実行が停止するエラー(Fatal Error)
  3. 警告・注意 実行は継続するが警告がある(Warning, Notice など)

また、エラーを表示する設定にしていない場合、開発や勉強であれば表示する設定に
したほうがいいです。

まとめ

今回はPHPの基本構文・文法とエラーについてまとめました。

PHPはWebアプリ開発では、主流の言語です。

気になる方はPHP公式ドキュメントを読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました