[Java]配列(Array)の合計値を取得するには?

Java

どうも、ちょげ(@chogetarou)です。

配列(Array)の合計値を取得する方法を紹介します。

スポンサーリンク

方法

インターフェース, インターネット, プログラム, ブラウザ, Www

配列(Array)の合計値を取得する方法は、2つあります。

sum()

1つは、sum()を使う方法です。

まず、Arraysをインポートします。

import java.util.Arrays;

次に、Arraysからstream()を呼び出します。

Arrays.stream()の引数に配列を指定します。

そして、Arrays.stream()からsum()を呼び出します。

int sum = Arrays.stream(array).sum();

上記のsum()は、stream()の引数に指定した配列(Array)の合計値を取得します。

使用例

import java.util.Arrays;
public class Main {
    public static void main(String[] args) {
        int[] numbers = { 1, 2, 3, 4, 5 }; 
        
        int sum = Arrays.stream(numbers).sum();
        
        System.out.println(sum);
    }
}
出力:
15

forループ

もう1つは、forループを使う方法です。

まず、合計値を格納するための変数を用意します。

次に、配列をforループします。

そして、forループの処理で、配列の要素を用意した変数に足します。

int sum = 0;
for (int i: array) {
    sum += i;
}

上記のforループ終了後、用意した変数に配列(Array)の合計値が格納されます。

使用例

public class Main {
    public static void main(String[] args) {
        int[] numbers = { 1, 2, 3, 4, 5 }; 
        
        int sum = 0;
        for (int i: numbers) {
            sum += i;
        }
        
        System.out.println(sum);
    }
}
出力:
15
スポンサーリンク

まとめ

配列(Array)の合計値を取得する方法は、次の2つです。

  • sum()を使う方法
    int sum = Arrays.stream(array).sum();
  • forループを使う方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました