[iOSアプリ開発初心者向け]オススメの入門書[2021年]

iOSアプリ

2021/5/8

「iOSアプリ開発を始めたいけど、勉強するのはどんな本がいいのかな」

「iOSアプリ開発初心者向けの書籍が知りたい」

という人に向けて、この記事は書かれています。

どうも、ちょげ(@chogetarou)です。

私は、アプリ開発初心者の状態から書籍で勉強して、今まで2つのアプリをリリースしました。

アプリ開発を始めたいというときに、一番最初の壁になるのがどの書籍が良いのかではないでしょうか。

そこで、私が考えるアプリ開発初心向けのオススメの本を紹介します。

不動の人気を誇る入門書

iOSアプリ開発で不動の人気を入門書と言ったらこの本です。

この本は、「超」入門というだけあって、内容はかなり優しめになっています。

また、他の入門書のように、とにかく長い呪文のような言葉を並べるわけではなく、画像や図なども多めに入っていて、これから入門する人には、とても読みやすくなっています。

内容は、

  • アプリ開発で必要となる知識
  • Swiftについての最低限の知識
  • アプリを作りながら学ぶ
  • アプリ公開までの流れ

ざっくりですが、このようになっています。

よくあるプログラミングの入門書とは違い、実際にサンプルアプリを作ってみて、必要な箇所を解説していくという内容になっています。

サンプルアプリを作りながら、必要になった部分だけを学ぶという流れなので、理解しやすくなっています。

もちろん、実際の画面の画像を見ながらなので、詰まることも少ないです。

更に、個人的に私がこの本を勧める理由は、公開までの流れをしっかり説明してくれているからです。

公開しようってなった時に詰まる、と言ったことがなくなります。

Kindle版

書籍版

SwiftUI

絶対に挫折しないiPhoneアプリ開発超「入門」だけでも、ウェブで検索をすればアプリ開発は出来ると思います。

しかし、先程の本は、初めてアプリ開発をする人が、入門するには良い本です。

ですが、初心者向けということもあり、実際開発する時に使うSwiftUIについての情報が少ないです。

なので、ウェブとかで検索しても、先程の本だけでは「何これ?」ってなって、詰まってしまうことがあります。

そこで、SwiftUIの入門書を2つ紹介します。

SwiftUI徹底入門

この本では、Swiftについて、全く解説がありません。

しかし、その分SwiftUIの内容が詰まっています。

絶対に挫折しないiPhoneアプリ開発超「入門」だけでは、カバー出来なかったビュー(UI部品)や画面遷移についての理解が深まります。

内容は、「タピオカミルクティー」という1つのアプリを、SwiftUIを学びながら作り込んでいくという内容になっています。

この本のデメリットを言っておくと、バージョンがちょっとだけ古い所です。

しかし、少しだけ古くても根本的な部分は変わりません。

Swift UIについては、この本でバッチリカバー出来ます。

どうしても分からないという時は、ウェブで検索すれば大丈夫です。

kindle版

書籍版

SwiftUI開発レシピ

SwiftUIについては、この本もオススメです。

名前の通り1人でアプリ開発をするという人に向けた本です。

内容は、

  • SwiftUIレイアウト
  • SwiftUIの座標空間
  • 基本ビューの使い方
  • iOS14新機能
  • データ管理
  • Combine
  • アプリのレシピ集

となっています。

どの内容も詳しく載っているのですが、個人的には、iOS14新機能などの新しめの情報が載っていたことが嬉しかったです。

「SwiftUI徹底入門」は、SwiftUIを深く理解するのには、良い本です。

しかし、先述したようにちょっと古いので、新しい機能や変更点などは載っていないんですよね。

なので、出来るだけ新しい情報が欲しい!という人は、この本がオススメです。

kindle版

書籍版

最後に

この記事では、アプリ開発初心者向けに3つの書籍を紹介しました。

これから、iOSアプリ開発を作り始めるという方は、頑張ってください!

読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました