[まとめ]これからiOSアプリを作ろうと思っている人必見!iOSアプリ開発に必要なものと費用

iOSアプリ

2021/5/18

「iOSアプリ開発に必要なものが知りたい」

「iOSアプリ開発には、どのくらいの費用がかかるの?」

と言う人に向けて、この記事は書かれています。

どうも、ちょげ(@chogetarou)です。

現在、個人でiOSアプリ開発をしている者です。

この記事では、iOSアプリを開発するのに必要なものと費用について解説します。

スポンサーリンク

必要なもの

絶対に必要なもの

  • Mac(PC)
  • インターネット環境
  • Xcode

Mac(PC)

ラップトップ, Mac, コンピュータ, ブラウザー, 研究, ビジネス, オフィス, 仕事, デスク

Mac(PC)は必須です。

Windowsでは、出来ないの?

と思う人もいると思いますが、残念ながらWindowsでは、出来ません。

正確に言うと、開発自体は出来るのですが、かなり難易度が高く、さらに作れても公開は出来ません。

インターネット環境

アプリ開発では、インターネットが必要になります。

インターネット環境は、昔はない家庭もありましたが、今ではほとんどの家庭で利用できるはずです。

Xcode

Xcodeが必要になります。

これは、MacでiOSアプリを開発するためのツールです。

App Storeからインストールすることで使えます。

任意で必要なもの

  • iPhone本体
  • アップルデベロッパプログラムの登録

iPhone本体

Iphone, スマート フォン, アプリ, アップル Inc, 携帯電話, 電話, 通信, モバイル, 技術

ほとんどの人が、iOSアプリを開発するにあたって、実際にiPhoneが必要になると思っているのではないでしょうか。

実は、シミュレータ(Xcodeがあれば使える)という機能を使えば、本体がなくても開発出来ます。

実際、私はiPhoneを持っていますが、「ノルウェー式HIITタイマー」と言うアプリをiPhone本体なしで作りました。

(いや、持ってるなら使えよって話なんですが)

なので、スマホがAndroidの人でも開発する事が出来ます。

アップルデベロッパープログラムの登録

「何これ?」と言う人もいるでしょう。

アップルデベロッパープログラムとは、開発者のメンバーシップみたいなものです。

実は、開発するまではXcodeで出来るのですが、開発してアプリを公開するためには、アップルデベロッパープログラムに参加しなければいけません。

つまり、アプリリリースが目的なら必須という事です。

スポンサーリンク

費用

アプリケーション, お金, 貨幣電卓, 電卓, 計算, 賞, コスト, テーブル, 計算する方法, カウント

必要なものから費用を解説します。

インターネット環境はもはや当たり前のようになっているので、費用はかからないものと考えます。

また、XcodeはMacがあればインストールするだけです。

そうすると、必ず必要なもので費用がかかるのはMacですね。

MacBook AirとMacBookProがありますが、噂に聞くところAirでも開発はできるようです。

なので、Airを基準に考えると、絶対に必要な費用は、十数万円です。

アプリのリースまで考えている人

インターネット, Whatsapp, スマート フォン, 通信, 携帯電話, ネットワー キング, アプリ

先述しましたが、アプリをリリースするためには、アップルデベロッパプログラムに登録する必要があります。

そうすると、リリースまで考えている人は、このプログラムに登録しないといけません。

実は、このプログラム有料なんですよね。

そして、アップルさんは恐ろしいことに、プログラムの登録料を、年間で1万円ほどにしています。

なので、Macがないという人は、Mac代とプログラムの登録料1万円ほどがかかります。

スポンサーリンク

まとめ

  • 開発だけを考えている人
    Mac、インターネット、Xcode
    費用 Mac代
  • アプリのリリースまで考えている人
    Mac、インターネット、Xcode、アップルデベロッパプログラム
    費用 Mac代 + 1万円ほど
ログイン ‹ ちょげぶろぐ — WordPress
スポンサーリンク

補足

アップルデベロッパプログラムは、21歳以上の人が登録できるようになっています。

なので、20歳以下という人は、親もしくは代わりに登録してもらえる人が必要となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました