[Dart]「dynamic」とは?

Dart

Dartの「dynamic」とは何か?また、その使用について解説します。

スポンサーリンク

dynamicとは

プログラマー, プログラミング, コード, 仕事, コンピューター

「dynamic」は、どんな値でも代入できる型です。

このキーワドを指定した変数は、どんな型の値であっても代入することが出来ます。

  //Int型の値を代入
  dynamic dy = 1;
  
  //String型の値を代入
  dy = "あ";

たとえ、初期化時の値と違う型でも代入できます。

スポンサーリンク

使用について

インターフェース, インターネット, プログラム, ブラウザ, Www

「dynamic」は、言ってしまえば「なんでも屋の型」で、とても便利な型に思えます。

ですが、使用は極力避け、本当に必要な時だけ使わなければいけません。

理由は、2つあります。

1つは、Dartの公式ガイドラインにそう記されているからです。

ガイドラインでは、「dynamic」の代わりに「var」を使用するように勧められています。

もう1つは、型本来の意味を失ってしまうからです。

そもそも何でもありの型なんてモノは、もはや型とは言えません。

「いつ使うの?」と思った人もいるかもしれません。
「dynamic」の使用が必要なことは、ほとんどありません。
必ず使うのは、「JSON」のエンコード・デコードの時です。

スポンサーリンク

まとめ

「dynamic」は、どんな型でも使える「何でも屋」です。

ですが、使用は避けるように勧められています。

本当に必要な時以外は、「var」を使うようにしましょう。

スポンサーリンク

参考

Dartガイドライン

Alberto Miola, Flutter Complete Reference.(書籍)

スポンサーリンク

オススメの記事

[Dart]「finalキーワード」を使うワケ

[Dart]変数宣言のやり方

[Dart]変数の型を定義する方

コメント

タイトルとURLをコピーしました