朝にシャワーを浴びる効果

健康

どうもー、ちょげです。

皆さんは、朝にシャワーを浴びますか?

朝にシャワーを浴びると、目が覚めてシャキッとしますよね。

しかし、朝にシャワーを浴びるのには、目が覚めることのようなメリットもありますが、デメリットもあります。

この記事では、朝にシャワーを浴びる効果について解説します。

スポンサーリンク

メリット

学校, 研究, 学ぶ, 書籍, 読み取り, 数式, 学生

私たちが起きた時は、頭がぼーっとしています。

それは、私たちの体がまだ覚醒していないからです。

起きてから時間が経つにつれて、体温・心拍数が上がり、血流が良くなっていきます。

そして、ある程度時間が経つと、覚醒します。

シャワーを浴びることによって、体温が上がります。

体温が上がれば、心拍数が上がり、血流が良くなります。

結果、シャワーによって覚醒状態に入ることが出来ます。

体温上げて覚醒状態に出来るのが、朝にシャワーを浴びるメリットです。

スポンサーリンク

デメリット

睡眠, 仕事, 疲れて, 眠い, 職場で, デスク, ベクトル, クリップアート, 研究

朝にシャワーを浴びることによって、体の体温が上がり覚醒状態になります。

しかし、体の体温は、ホメオスタシス(恒常性)という特性によって、大きく上がったら、大きく下がるようになっています。

つまり、シャワーを浴びて体温が上がっても、その分後から体温は下がります。

体温が下がると、体が休息モードになります。

夜お風呂から出ると、段々眠くなるという経験をしたことありませんか。

あれはお風呂によって体温が上がった分、下がったことによるものです。

シャワーを浴びるデメリットは、時間が経った後に休息モードになる点です。

スポンサーリンク

デメリットを軽減する方法

道路, 風景, 田舎, 舗装, アスファルト, 高速道路, ドライブ, ルート, 方法, アメリカ

シャワーを浴びるのには、覚醒を促せるメリットがあり、後々休息モードになるというデメリットがあります。

メリットがあり、デメリットがあるのでやった方が良いのか悩ましいです。

ここでデメリットを出来るだけ無くす方法を紹介します。

短時間シャワー

5分〜10分の短い時間のシャワータイムです。

科学的には、シャワーを浴びる時間が15分以上になると、1時間後くらいに眠気が来るようになっています。

シャワーの時間を短くすればする程、眠気までの時間が短くなり、眠気そのものも弱くなります。

5分程度のシャワーであれば、デメリットをかなり小さくすることが出来ます。

ぬるいシャワー

シャワーの温度を出来るだけ下げる方法です。

温度を高くし過ぎれば、それだけ体温が大きく上がります。

その分、体温も低くなります。

それを防ぐために、温度を出来るだけ低くするのです。

ぬるいと感じる程度であれば、そこまで体温が下がることはないはずです。

また、熱めのシャワー程「シャキッ」とする感覚はないでしょうが、それでも覚醒を促すことが出来ます。

スポンサーリンク

まとめ

  • 朝のシャワーによって覚醒を促せる
  • シャワーを浴びてから時間が経つと休息モードになる
  • シャワーの時間は、短くした方がいい
  • シャワーの温度を出来るだけ低くする

朝のシャワーには、メリットもデメリットもあります。

しかし、時間を短くし、水の温度を出来るだけ下げれば、デメリットを小さくすることが出来ます。

ですので、朝のシャワーは、時間と温度を工夫すれば、良い効果が得られるということになります。

ぜひ、皆さん自身で試してみてください(もちろん、水道代には気をつけて)。

読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

参考

Amazon.co.jp: 神・時間術 eBook : 樺沢紫苑: 本
Amazon.co.jp: 神・時間術 eBook : 樺沢紫苑: 本
スタンフォード式 最高の睡眠 | 西野 精治 | 医学・薬学 | Kindleストア | Amazon
Amazonで西野 精治のスタンフォード式 最高の睡眠。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました