[Apex]相手をノックダウンした時の英語表現

Apex Legends

「相手を倒したときに英語では、どういうのか知りたい」

「海外の動画を見るときに、聞き取れるようになりたい」

という人に向けて、この記事は書かれています。

どうも、ちょげ(@chogetarou)です。

Apex Legendsは日本だけではなく、海外でも大人気のゲームですよね。

なので、海外の人とプレイしたり、動画をみたりする人は多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では、敵をノックダウンした時は、英語でどのようにいうのか解説します。

スポンサーリンク

ノックダウン

ノックダウンは言い方が、大体3パターンあります。

  • ノック
  • ゲット
  • デッド

ノック(knock)

1つは、単にノックとだけいうパターンです。

相手をノックダウンさせた時は、過去形もしくは、過去分詞形になります。

なので、実際にいうときは、「knocked」になります。

使用例

One knocked(ワンノックド)

日本語)1人ノックさせた

knocked Wraith(ノックドレイス)

日本語)レイスをノックダウンさせた

ゲット(get)

2つ目は、「ゲット(get)」です。

ゲットは、取るとか手に入れるとかの意味でお馴染みの単語です。

ですが、ゲットは割と汎用的な単語で、さまざまな場面で登場します。

Apexでも、ノックダウンの表現として登場しています。

そして、過去形になるので、使うときは、「got(ゴット)」となります。

使用例

I got one(アイゴットワン)

日本語)1人ノックした

I got Wraith(アイゴットレイス)

日本語)レイスをノックした

スポンサーリンク

デッド(dead)

3つ目は、「デッド」です。

「死ぬ」っていう意味の言葉ですが、ノックダウンさせた時に、たまに使っているのを聞きます。

使用例

Dead(デッド)

日本語)やった

Blood hound dead.(ブラッドハウンドデッド)

日本語)ブラッドハウンドをノックした

スポンサーリンク

まとめ

  • ノック(knock)
  • ゲット(get)
  • dead(デッド)

この3つが、ノックダウンした時には使われます。

スポンサーリンク

最後に

今回は、ノックダウンさせた時の英語表現を紹介しました。

実際に動画などで聞いて、確認してみてください。

皆さんが、良いApexライフを送れることを祈っています。

読んで頂きありがとうございました。

では、サラダバー!

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました