[ギリシャ神話]「タレイア」はどんな女神?

歴史

どうも、ちょげ(@chogetarou)です。

ギリシャ神話の「タレイア」はどんな女神なのでしょうか?

この記事では、女神「タレイア」について解説します。

スポンサーリンク

〇〇の女神

タレイアは、「詩」と「喜劇」を司る女神です。

タレイアは、ゼウスとムネモシュネの間に生まれた9人姉妹「ムーサ(ミューズ)」のひとりです。

スポンサーリンク

ムーサ(ミューズ)

ゼウスは、記憶の女神「ムネモシュネ」を愛人にします。

そして、ゼウスとムネモシュネは、9夜に渡って愛し合います。

その1年後に生まれのが9人姉妹のムーサ(ミューズ)です。

ムーサは、9人全員が「詩」を司る女神でした。

学芸の発達と共に様々な部門が生まれました。

そして、ムーサ(ミューズ)の9人それぞれが別々の部門を司っていると考えられるようになりました。

その別々の部門になったひとつの「喜劇」を担当するのが「タレイア」です。

スポンサーリンク

まとめ

タレイアは、ムーサ(ミューズ)のひとり「詩」と「喜劇」を司ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました