[ギリシャ神話]月桂樹となったのは誰?

歴史

どうも、ちょげ(@chogetarou)です。

ギリシャ神話で月桂樹となるのは誰なのでしょうか。

スポンサーリンク

ニンフの〇〇

ギリシャ神話で月桂樹となるのは、ニンフ(精霊)の「ダプネ」です。

ダプネは、ある日、彼女に恋したアポロンに追われることになります。

ダプネはアポロンから逃げるのですが、結局追いつかれそうになってしまいます。

彼女は父「ペネイオス」に「処女を守れるような姿に変えてください」と頼みます。

そして、ペネイオスによって、ダプネは「月桂樹」になります。

スポンサーリンク

まとめ

月桂樹となったのは、ニンフの「ダプネ」。

彼女はアポロンから逃れるために、月桂樹になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました