[ギリシャ神話]「ダプネ」とは?

歴史

どうも、ちょげ(@chogetarou)です。

ギリシャ神話に登場する「ダプネ」について解説します。

スポンサーリンク

ダプネとは

ダプネは、ペネイオスという河の神の娘で「ニンフ(精霊)」です。

ダプネは、かなりの男嫌いで、言い寄ってくる男性を一切寄せ付けないニンフです。

スポンサーリンク

アポロンとダプネ

アポロンは、野山を駆け回るダプネの姿を見て、彼女に恋をします。

アポロンは愛の言葉を囁きながらダプネを追います。

ですが、男嫌いなダプネは、アポロンからひたすら逃げます。

ダプネはアポロンから逃げていたのですが、追いつかれそうになります。

彼女は、自分の貞操を守るために父のペネイオスに「処女を守れるように姿を変えてくれ」と頼みます。

そして、ダプネは、月桂樹となり、アポロンと結ばれることは無くなります。

アポロンは、月桂樹となったダプネに「結婚はしないでいいから、せめて自分の樹になってくれ」と頼みます。

ダプネは、アポロンの頼みを承諾します。

月桂樹は、アポロンの樹になったことで、常緑樹となります。

また、月桂樹で作った月桂冠は、人間の間で名誉のしるしの冠となります。

スポンサーリンク

まとめ

ダプネは、男嫌いな「ニンフ(精霊)」です。

彼女はアポロンから逃れるために、月桂樹となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました