[古事記]最初に生まれた神様は誰?

歴史
スポンサーリンク

最初の神

古事記で最初に生まれた神は、「アメノミナカヌシ」です。

天地創造後には、別天津神(ことあまつかみ)という特別な神たちが誕生していました。

最初の神たち別天津神の中でも、最初に生まれたのが、「アメノミナカヌシ」です。

スポンサーリンク

どんな神?

地球, スペース, 日光, 太陽光線, 日の出, 日照, フレア, 世界, 惑星, 宇宙, 銀河, コスモス

「アメノミナカヌシ」は、宇宙の根源を司る神とされています。

アメノミナカヌシは、天地の中心で世界全体をまとめています。

スポンサーリンク

まとめ

最初に生まれたのは、この世をまとめる「アメノミナカヌシ」という神です。

スポンサーリンク

小話

最初に生まれた神々「別天津神」は、神の中でも特別です。

男女の区別もなく、姿すらも持っていません。

さらに、宇宙を司っていたり、生命を司っていたりと、とにかく凄い神様たちです。

スポンサーリンク

おすすめの記事

スポンサーリンク

参考

コメント

タイトルとURLをコピーしました