[古事記]「諏訪大社」で祀られているのはどんな神様?

歴史
スポンサーリンク

祀られている神様

諏訪大社では、「タケミナカタ」という神が祀られています。

また、タケミナカタの妻の「ヤサカトメノ神」も一緒に祀られています。

スポンサーリンク

どんな神様?

タケミナカタは、中つ国(日本)を豊かにしたオオクニヌシの息子です。

性格は、荒っぽく男らしいです。

また、タケミナカタは「軍神」とされています。

スポンサーリンク

古事記のエピソード

タケミナカタの古事記でのエピソードは、タケミカヅチと対峙する話です。

アマテラスが中国を手に入れようと、タケミカヅチを送りました。

タケミカヅチは、長であるオオクニヌシに、中つ国を渡すように要求します。

これに対して、オオクニヌシは息子に任せると言います。

タケミカヅチが息子である「タケミナカタ」に要求すると、タケミナカタは猛反発します。

ですが、タケミカヅチはとにかく強く、タケミナカタは歯が立ちませんでした。

タケミカヅチはタケミカヅチにボコボコにされ、結局アマテラスの要求をのむことにしました。

スポンサーリンク

まとめ

オオクニヌシの息子で軍神「タケミナカタ」が諏訪大社に祀られています。

古事記では、オオクニヌシがアマテラスに国を譲る際に、登場しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました