[古事記]「草薙剣(くさなぎのつるぎ)」って何?

歴史
スポンサーリンク

草薙剣とは?

草薙剣は、天皇家に伝わる「三種の神器」のひとつです。

また、神器の中で「軍事の象徴」とされています。

スポンサーリンク

ヤマタノオロチ退治

古事記で、スサノオはヤマタノオロチを退治しました。

この時、ヤマタノオロチの体から1本の剣が出てきました。

ヤマタノオロチから出てきたこの剣が、「草薙剣」です。

スポンサーリンク

天皇家に伝わる

スサノオは、草薙剣をアマテラスに献上しました。

アマテラスは、この剣を孫の「ニニギ」が地上に降り立つときに授けました。

そして、草薙剣は、ニニギから子孫の天皇に受け継がれていくことになりました。

スポンサーリンク

まとめ

草薙剣はスサノオがヤマタノオロチから手に入れた剣。

スサノオは、アマテラスにこの剣を献上し、アマテラスは孫のニニギに授けた。

後に三種の神器のひとつとして、草薙剣は天皇家に受け継がれることになりました。

スポンサーリンク

おすすめの記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました