[古事記]「熊襲(くまそ)」ってどこ?

歴史
スポンサーリンク

場所

熊襲(くまそ)は、今の九州「鹿児島」あたりです。

鹿児島には、「熊襲の穴」という古事記で登場する洞窟があります。

スポンサーリンク

古事記での熊襲

古事記では、ヤマトタケルが平定した場所です。

第12代景行天皇の時、熊襲ではクマソタケルという兄弟がやりたい放題やっていました。

景行天皇は、このままではいけないと思い、ヤマトタケル(当時オウス)を熊襲に送ります。

ヤマトタケル(当時オウス)は、クマソタケルたちを不意打ちで倒し、熊襲を平定しました。

この時、クマソタケルから「ヤマトタケル」という名前をもらいました。

スポンサーリンク

まとめ

熊襲(くまそ)は、今の鹿児島あたりにあります。

古事記では、ヤマトタケルが平定し、そこでヤマトタケルという名前を得ました。

スポンサーリンク

おすすめの記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました