[古事記]「スサノオ」はどんな神様?

歴史
スポンサーリンク

イザナキの息子

スサノオは、イザナキの息子です。

イザナキから一緒に生まれた「アマテラス」と「ツクヨミ」が兄弟になります。

スポンサーリンク

性格

スサノオの性格は、荒っぽくワガママです。

スサノオはその性格のせいで、イザナキやアマテラスと揉めることになっています。

スポンサーリンク

英雄への変化

スサノオは問題ばかり起こして、他の神が困り果てていました。

そんな時、スサノオが高天原(たかまがはら)で大暴れし、高天原から追放されることになります。

地上に降りたスサノオは、クシナダヒメという美しい娘と出会います。

スサノオは彼女のためにヤマタノオロチを退治し、それによりクシナダヒメと結婚することになります。

クシナダヒメとの結婚がきっかけで、スサノオは性格が正反対に変わり、ヤマタノオロチ退治の功績もあり、今では英雄となります。

スポンサーリンク

スサノオはどうなった・・・?

スサノオは、最終的には根の堅洲国(ねのかたすくに)と呼ばれる死者の国に住んでいます。

というのも、スサノオはイザナキ1人から生まれたことで、母の存在に憧れていました。

そして、母のような存在のイザナミに会いに、根の堅洲国へ行ったのです。

イザナミと会えたのかは分かりませんが、根の堅洲国に居ます。

スポンサーリンク

まとめ

スサノオは、荒っぽい神でした。

周りに迷惑をかけてばかりでしたが、クシナダヒメとの出会いで大きく変化し、今では英雄となった神です。

スポンサーリンク

おすすめの記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました