[古事記]「オオクニヌシ」はどんな神様?

歴史
スポンサーリンク

中つ国を〇〇にした神

オオクニヌシは、中つ国(地上)を豊かにした神です。

中つ国は、イザナギとイザナミによって、国や神がいたのですが、ほとんど放置されていました。

この地上世界を取りまとめ、豊かにしたのが「オオクニヌシ」です。

つまり、中つ国を発展させた神様です。

スポンサーリンク

性格

オオクニヌシは、元々内気でどんくさい神でした。

ですが、優しくおおらかな神様でもありました。

最初は内気な性格で周りからはいじめられていましたが、優しさのおかげで様々な出合いに恵まれます。

出会いによりオオクニヌシは変化していき、最終的には国を治める堂々とした神になります。

スポンサーリンク

古事記でのエピソード

オオクニヌシは、多くのエピソードに登場しています。

以下は、その代表的なものです。

  • 因幡の白兎
  • スサノオの試練
  • オオクニヌシの国づくり
  • オオクニヌシの国譲り
スポンサーリンク

まとめ

オオクニヌシは、この日本を豊かにした神様です。

つまり、イザナギとイザナミが日本を作り、それを発展させたのがオオクニヌシということです。

スポンサーリンク

オススメの記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました